トップ 最新 追記

ふぁんさいと日記

2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|
2012|12|

あなたは 訪問者数 番目の訪問者です。

本日の訪問者数: 本日の訪問者数

昨日の訪問者数: 昨日の訪問者数

この日記にはツッコミを入れられます。
ツッコミを入れたい日付をクリックすると、フォームが現れます。

↑(注)tDiaryのタグで書いたリンク文字列は検索できないようです。

カスタム検索

2003年02月07日(金)

_ 北海道旅行初日(移動日)

今日を含め11日まで連休にしたので、「せっかくだから」この季節にぴったりの

雪まつりを見るために北海道まで行く。

前日遅くまで仕事をしたせいか、今日は昼前に起床。

飛行機は16:00だったはずだからと、ゆっくり身支度をと思ったら、

15:00発だったことに気づいて、あわてて支度をし、出発。

そしたら、あわてたせいで2つ忘れ物をした。

ひとつは、ノートパソコン用の電源。バッテリーは1時間くらいしか持たないので、

必須だったのだが・・・。まあ、どうせメールくらいだから良しとする。

もうひとつは、昨日借りたCD。出かけるついでに返そうと思ったのが失敗だった。

5枚借りててそのうち1枚だけパソコンに入れっぱなし。仕方なく4枚だけ返す。

っていうか取りに戻る余裕が無かった。帰って来るまで返せないので、4泊の延滞。

やっぱ飛行機の時間、16:00にしとけば良かったなぁ。

 

さて、無事に飛行機にも乗れ、千歳空港へ。

今回はANAにしたのだが、ジャンボ機(747SR)だったためか、まったく揺れず、

音も静かだった。やっぱりANAだな。今後も出来る限りANAのジャンボに乗ろう。

で、着いてまずビックリしたのは、札幌なのに、気温2〜3度なのに、みんな東京と

同じ格好(厚着してない)。しかも、路面はロードヒーティングで雪が無く、

「これが北海道?」という感じだった。ちょっとガッカリ。

 

そうこうしているうちに、夕食の時間。今日は、「ロビンソン札幌店」にある、

香港蒸籠 札幌店」へ。バイキング形式だけれども、味はさっぱりしていて、とても良かった。

 

食事をした後、「すすきの 氷の祭典」を見る。細かな彫刻が素晴らしかった。


2003年02月08日(土)

_ 北海道旅行2日目

今日は、念願の「雪まつり」を見る。まずは、昼食をとってからということで、

ごまそば処 八雲 ロビンソン札幌店」へ入る。ごまそばは初めてだったが、

さっぱりしていて美味しかった。強いて言うと、そばらしい味がしなかったかな。

 

雪まつりは夜のライトアップがきれいなので、それまで時間を消化するため、

映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」を見る。

ニューヨークの黎明(?)期ってこんな感じだったんだと見入ってしまった。

西部劇とは違う新しいアメリカを発見した感じだった。

 

さて、程よく時間が潰れ、雪像のライトアップが始まった。

テレビ塔付近から10丁目まで歩く。大きい雪像はやはり圧巻。来た甲斐があった。

最近は、開催前(4日とか)に見て済ませてしまう人もいるらしく、土曜の夜という

こともあって、意外に人が多くなかった。おかげで写真もバッチリ取れた。

 

この日の夜は、すすきのにある、「ジャスマックプラザホテル」の天然温泉「湯香郷」に行く。

大浴場に、露天風呂、サウナもあり、すすきのとは思えない位リラックスできる空間

だった。その日の夕食は、湯香郷内にある「翔宴」でとる。やっぱり、北海道だなぁ

と納得の味だった。


2003年02月09日(日)

_ 北海道旅行3日目

今日は、小樽運河を見に行く。その前に昼食。

今回は、札幌駅近くの「アスティ45」にある、「洋麺屋五右衛門」へ。(リンクは渋谷本店です)

2つの味が楽しめる「ハーフ&ハーフC」を注文。

地鶏の和風ペペロンチーノ&カルボナーラ炭焼人風のセットで、ピリっと辛味のきいた

ペペロンチーノとカルボナーラがうまく合わさった一品。美味かった。

 

おなかも満たされ、JRで小樽までいく。小樽駅までは行かず、

手前の小樽築港駅で下車。「マイカル小樽」に立ち寄る。

オープンしてしばらくは賑わってたのに、バブルのツケで会社更生法適用して以来、

店も減り、寂しい雰囲気。でも意外に人が入っていた。

そのあと、「中央バス」の「おたる散策バス ろまん号」で小樽運河まで行く。

 

運河に着いてまず違和感を感じる。耳に入ってくる会話が日本語じゃない。

どうやら、中国の観光客の団体が来ていたようだ。

一昔前の日本人観光客スタイル(七三わけにカメラ)っぽい雰囲気の方が多かった。

人が思ったほど多くなく、ここでもベストショットが撮れた。

運河を見た後は、周辺を散策して、「北一硝子」方面まで足を伸ばす。

北一硝子も大きくなったもので、いつの間にか5号館まで存在する。

新しいだけあって、5号館が一番広く、品揃えも良かった。ゆっくりと見る。

でも、雰囲気的には、昔からあるランプホールとかのほうがいい感じ。

 

小樽散策もひと段落ついたところで、夕食。今回は「握 なか一」をチョイス。

TVチャンピオン全国寿司職人選手権でチャンピオンになったらしいが、

どこが凄かったのかはイマイチ伝わってこなかった・・・

でも、ネタはさすが小樽で、いい味だった。

 

食事後、再び運河へ行く。夜景と運河が絶妙で素晴らしかった。

写真を撮ってみるものの、後で見たらピントがしっかり合っていない。

やはり、夜の撮影は厳しい・・・。しかしこれはこれでいいかも知れない。


2003年02月10日(月)

_ 北海道旅行4日目(最終日)

あっという間に最終日。早いものだ。今日は札幌ドームへ行く。

その前に、駅前で昼食。今回は駅前地下街「PASEO」の中にある、「北のラーメン 神代」で

塩チャーシューを食べたが、味はイマイチだった。塩がチャーシューに負けている。

おまけにチャーシューが脂っこい。やはり駅前の店だからということか・・・

 

そんなこんなで地下鉄東豊線で最寄り駅、福住駅に到着。そこから徒歩10分ほどで到着。

ドームツアーが毎時丁度に始まるとの事で、その前に展望台を見に行く。

なかなかいい景色だが、ビニールハウス状態なので、ちょっと暑かった。

で、ドームツアーのほうは、団体さんが入っていたようで、結構な人数だった。

一塁ベンチを見学して、ピッチング練習場、監督控え室、選手控え室、選手用ラウンジ

などを見学。ラウンジがあるのには驚いた。

 

そうこうしていると、そろそろ帰る時間。今回は千歳20:50発の飛行機なので、

千歳空港で夕食をとる。入った店は「郷土料理ユック 千歳空港ターミナルビル店

チェーン店なのだが、ほとんどが東京なのにはビックリ。でも、味はさすが北海道。

夕食を済ませた後は、お土産さがし。「六花亭」は欠かせない。

その他にもいろいろ購入。出発まで1時間しかなかったので、全部は回れなかった。

 

羽田には定刻どおり22:30ごろ到着。そこから自宅までは1時間30分かかった。

ということで、24:00ごろ到着。いやぁ〜楽しかった。